01
手妻とは

"手を稲妻の様に素早く動かす"=「手 妻」

江戸時代から手先の技で見せるものが「手妻」、仕掛けや装置で見せるものが「手品」と言い分けられていたようです。

手妻という呼び方は"手を稲妻の様に素早く動かすから"と江戸時代初期に生まれたそうです。
明治になり、西洋の手品が日本に輸入されるようになり、日本の手妻を「和妻」西洋の手品を「洋妻」と呼び分けるようになったそうです。

手妻を現代継承していると言われている方の著書の中では、江戸・明治から継承されてきた手妻の作品・小道具・演技・型などを継承していることを手妻の必須条件としているようです。

また、直接師匠から口伝で表に伝わっていない演技の工夫が継承されていること、師匠より先代の型を知ることで、新しい手妻に改良後も元の形に戻れるようにしておくことも重要視されています。 更に着物の着方、身のこなし、言葉使い、口上、舞踊、邦楽など、日本の伝統文化に精通することも求められるそうです。

実際に手妻の舞台を観ると、所作のひとつひとつの美しさに目を奪われるそうです。

例えば「町のたはむれ」という演目では、半紙をちぎったものを扇子で扇いで蝶に見立てます。この「見立て」は、手妻のなかで特に大切にされているようです。

現代のマジックでは蝶と言えばカラフルに、より実際の蝶を模した模型を使いそうですが、手妻では観客自身が自分のなかで蝶を「見立てる」そうです。

「見立て」は日本の伝統的な表現技法であり、江戸文化の特長の一つであったそうで、伝統文化を継承した一例だと言えるでしょう。

最近では大きな輪の中に入り、体を回転させる手妻も話題になっているようです。(「回ってみたでござる」で検索すると動画を見ることができます。)

アクロバティックなこの技も、大きな輪の中で演者自身の体を「見立て」に使ったものだそうです。