04
簡単にできる手品・マジックとは

手品においても楽しんでもらうためには

人が集まった時、ちょっとしたマジックが出来ると場も盛り上がり楽しいですよね。
そんな時に使える簡単なマジックは、本やホームページなどで沢山紹介されています。
とても簡単で誰でも成功するマジックを1つ紹介しましょう。
用意するものは1円玉が2枚とハンカチ、それだけです。
まず、相手の手のひらの上に1円玉を2つ重ねて置きます。もう片方の手の人差し指で上の1円玉を押さえてもらいます。

そこで手の上にハンカチを被せ、人差し指でグルグルと1円玉を下の1円玉の上を丸くこすりながら回してもらいます。
まわしてもらう間、しばらく会話で時間をつなぎましょう。20回くらい回してもらえるまででOKです。

「はいっ」とハンカチをとると・・・・あら不思議です。
相手の手のひらの上に黒い丸が描かれています!


これはアルミがとても柔らかい金属であるため、こすり合わせただけで削れ、粉が円状に手のひらに付いたものだそうです。
思ったよりもくっきりとした黒い色が付くため、知らない人であれば驚かすことができそうですよ。 特別用意しなくても、1円玉やハンカチなら自宅にあったり、また目の前で人に借りて行えばより効果的かもしれません。
手のひらの黒い円は、洗うと簡単に落とせます。

この他にも様々な手品が紹介されているので、2つ3つ知っておけば、例えば外国の方など言語が通じない方ともコミュニケーションが取りやすくなりそうですね。

そしてどの手品においても楽しんでもらうためには、とにかく練習が大事だそうですので、自然に見えるよう日頃から繰り返し練習すると良いようです。